避妊効果のあるピルは出血という副作用がある

低用量ピルは、子どもを望まない際に妊娠を防ぐ効果がある薬です。その避妊効果は、ほぼ100パーセントといわれています。とても安全に避妊ができると、多くの女性から愛用されています。
避妊効果がとても高いですが、摂取する際には副作用があることを忘れてはいけません。一番多い副作用を挙げると、不正出血が有ります。統計的に言うと、初めてピルを使った場合、約30パーセントの人が不正出血を経験するといわれています。そもそもピルを服用しない場合は、月経の際に子宮内膜が徐々に厚くなって、妊娠するための準備を行います。ですが、ピルを服用すると、そのホルモンの作用によって月経中でも子宮内膜が薄くなってしまいます。この変化にうまく適応できないために、出血が起こりやすくなります。
その他の原因は、生理によるものです。ピルを初めて使用する時は、基本的に生理が始まるのとほぼ同時に飲み始めることになります。そうすると、ホルモンの影響で生理にブレーキがかけられてしまい、普段よりも少量ずつしか出血できなくなります。それで、生理が通常よりも長引いてしまうことで、出血が気になってしまいます。このような症状は、服用を続けているうちに自然とおさまっていきます。その他にも、性感染症によって出血が起こることもあります。例えば、男性との性交渉でクラミジアに感染すると、出血が気になることが有ります。性感染症が原因の場合、おりものの色が黄色や茶色っぽくなったという程度の軽い症状の場合が多いです。もしも、気になるようならば産婦人科医の診察を受けるといいです。
ピルは避妊効果が高いですが、不正出血をすることが多いです。ですから、ある程度覚悟して服用する必要が有ります。